掲示板


[トップに戻る] [注意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
この掲示板は淡交会の掲示板です。会員以外の書き込みはご遠慮ください。
*は必須です          
おなまえ
卒業回
卒業時組
Eメール
タイトル
メッセージ*
参照先
  よろしければ紹介したいHPやブログのアドレスをご記入ください。
削除キー (英数字で8文字以内。投稿文を削除するときに必要です。)  
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
  クッキー保存
(メッセージを除く入力必須項目が保存されます。保存したくない場合はチェックをはずして下さい。)
 

投稿文は管理者(事務局)の承認をえてから掲示されます。また内容が不適切と判断した場合は削除しますのでご了承ください。
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |

[61] 投稿者:回組 投稿日:   [返信]

[60] 画面表示ソフトによって 異なる画面 投稿者:59回B組WEB委員 投稿日:2018/10/15(Mon) 11:50   [返信]
現在 最新の画面表示は Windows10 用の Explorer、Microsoft Edge
、Safari などで 様々に 異なる表示が 見られます。

原因の多くは、Javascript ソフトの 中に含まれる、様々な便利な、
珍しい画像表示の 特殊な指定が、Webサイトの セキュリティ・ホール
の 原因になりうるとの懸念から、表示用の ブラウザーソフトの
バージョンに因って、機能を停止されている部分があります。

Windows8 では 正常に見えても、Windows10では 見られない
とか、その逆もあります。
iPhone用の Safariでは 動画が 見られない等の 不具合があり、
スマホ用の画面も 設定しています。

Windows10では 校舎の画像の スライドショーが 見られない
とか、動くメッセージの部分が 見られないのど、ありますので、
最新の Windows10 で ご覧になられる際には、
スマホ用の画面
http://tankoukai.xsrv.jp/index-smart.html

の 画面表示を お気に入り表示に入れて ご覧になってください。

http://tankoukai.xsrv.jp/index-smart.html


[59] 僅かな進展ですが、作成中 投稿者:59回回B組組WEB委員 投稿日:2018/10/04(Thu) 08:55   [返信]
事務局の方々も WEB委員の推進メンバーも 古希を越えて 高齢化が進んでいます。
若い方々の 参画が 望まれています。
様々な改善・推進課題がありますが、病気や高齢に伴う 推進能力の低下も否めず、苦心しています。

その一例として 昭和40年代に 近代文学館などから 先輩諸氏が 努力して入手された、學友會誌の 状態の
悪いコピーから 清書した 綺麗に読める画像の 作成を 進めています。

現在は 明治34年の 創刊号から 第6号までが、大分仕上がっています。

http://tankoukai.xsrv.jp/gakuyu-kai/No-06.html


[58] 様々な画像処理方法の説明会 投稿者:59回回B組組WEB委員 投稿日:2018/03/31(Sat) 21:46   [返信]
ホームページが 作成できる方は 多く居られるでしょうが、最近気になっている事は
関東大震災、更には 東京大空襲での 類焼で 校舎が 黒焦げになって 学校側の 貴重な
資料が ほぼ全て消失しています。

その後 先輩方の ご努力・ご尽力で 複写機が 使用されるように成った、
昭和の40年代の 機能の低い 初期の複写機と 稚拙な複写技術の状態で
コピー版を 入手できました。

約50年もの歳月の中で コピー誌面は 黄ばんで、複写紙面の劣化も進んでいます。
これを後輩の方々に 好ましい状態で残す事も大切な 作業です。

但し、悪い状態の複写紙面を 綺麗に 清書する事は、「読取革命」などの 画像から
文字情報へ変換するソフトで できます。

但し、明治時代の 極めて 稚拙な「版下台枠」へ 文字棒を 植字して活版印刷黎明期の
技術と特殊な 手作りの文字棒の 字体を残したいので、「文字変換ソフト」は
使用しないで、様々な画像処理技術で 仕上げて 綺麗にしています。

本来は 資料室委員会の方々との連携で 行うべきですが、様々な画像処理テクニックを
説明して習得されて、5000頁にも達しそうな 膨大な資料の 画像化が 迫られています。

初版印刷の「學友會誌」を、紐で閉じられた 製本がありますので、その初版紙面から
ディジタル画像へ 変換すれば良いのですが、所有者の 様々な権利もあり、借用することも
複写することも 困難な状態です。

就きましては、現在の 複写状態の悪い紙面からの 清書が 早そうですので、
交通費などは支給される ボランティアとして 参加出来そうな方々へ 様々な
画像処理方法を 詳しく 説明して習得して頂く勉強会を 行いたいと 思っています。

先ずは 切り取り、画像追加合成、複写移動、細かい汚れの消去、文字の
濃度を上げる、輪郭を鮮明にする、などの 画像処理テクニックを習得できるように
詳しく説明して参ります。

様々な画像処理テクニックを習得された方々が 後年に ペーパーレス化の作業に
参加される事を 期待しております。

1頁を 1時間で Refine するようにしていますが、細かい汚れが多く、
小さな黒い汚れを取り除くのに 時間を取られています。
修正に作業に掛かる 費用は 業者へ委託しますと 1000万円くらい掛かります。
当然ながら 進み方は遅く、何年掛かるかが 問題です。
けれども、「温故知新」や 教育の原点に戻り、その心意気を知る良い機会だろう
と思っています。 
多くの有名人の 中学時代の 投稿文もあり、文学的な価値も高いものですので、
参加出来そうな方々を広く募集したく、お待ちしております。
淡交会資料室委員会の方々 更に 事務局長からの ご了解が得られましたら、
淡交会の トップページの中にも ご案内のページを 掲載したく 思います。

http://tankoukai.net/HP/vol-1-1.jpg


[57] 画像の切り抜き、透明化、組み合わせ追加合成 投稿者:59回B組WEB委員 投稿日:2017/11/19(Sun) 00:03   [返信]
俳優、女優、などは 肖像権があり、WEB上の紙面に 表示する事はできませんが、
ご自分の写真に 自分で撮影した 猫や ペットなどの写真を
切り抜いて 邪魔な背景を 透明にして 追加合成は可能です。

無料の Pixia ソフトを インストールして 切り抜きの部分の
写真を開き、 領域の指定を選んで、多角形 の部分をクリックして
丁寧にマウスの左クリックを繰り返し、切り抜き、
起点との接合部分で 右クリックを行い、 その場で更に 右クリックします。

トリミング を選んで、切り抜きで 背景が 白色又は 透明な 画像を
別名を付けて 保存します。

本体部分以外を 透明にした 画像を 幾つか準備します。


画像の 追加合成は Pixiaソフトで 背景画像を開いて、
編集部分のタブをクリックして、追加したい部分を 拡大
表示しておきます。
編集タブから 「ファイルから 貼り付け」を 選んで、追加したい
画像を参照から 選びます。
左クリックした状態で、追加する画像を 移動して 画像の四隅の
ハンドル表示の小さな 丸印の部分で 追加画像を 拡大縮小します。

追加画像が 望ましい位置で 大きさで表示されたら、追加画像の上で
このレイアーに貼り付けを指定します。
さらに メインメニューの レイアー(L) から 「下位レイアーとの結合」
を 指定します。  これを保存すれば 追加画像が 合成されています。


文章だけでは 分からないと 思いますが、インターネット上で
Pixia、切り取り、合成 として 絞り込み検索を 行いますと、
可なり 詳しい説明資料が 多数 探し出せます。

新しい 年賀状の裏面の 組み合わせや イラスト類の 合成など、
可なり 斬新な デザインが 出来ます。 
どこまで綺麗に 華やかに デザインできるかが 楽しみですが、
時間を掛けて 繰り返し、慣れる事が 上達の 早道です。

http://ryougoku.xsrv.jp/HP/kani/back-toumei.png


[56] 写真、資料、文字の 背景を 透明に 投稿者:59回B組WEB委員 投稿日:2017/10/16(Mon) 21:39   [返信]
『" 写真や文字の背景を 透明にすると "』

年賀状の裏面を作成する時期が 近づいています。
自分の写真や、ワードアートの洒落た画像にて 組み合わせて
綺麗な 華やかな 年賀状を作成したいのですが にて、背景を
透明に出来ないと、洒落たイラストも、画像も 思うように
デザイン配置が できません。

この場合には 無料の画像処理ソフトの "Pictbear" を利用して
背景を透明にして、Pixia ソフトにて、綺麗に 切り抜き、
Pixia にて 画像を合成 貼り合わせを 行うと、自分の思い通り
の 合成画像が 出来ます。

画像やイラストを Pictbear にて開きます。
右側の作業指示の中のレイアー部分の 「背景」の部分で 秘儀クリック
して、「背景から レイアーへ(C)」を指定して、「自動選択(W)」を
クリックして、消したい部分をクリック、
鋏のマークの「切り取り」をクリックすると、 背景が 透明になります。
参考添付の写真は 空の部分が 透明です、白い画素の部分は
画像情報が在りません。 赤青緑ともに ブランクデータです。

修正加工した画像の Suffix は 必ず png を選んで 保存すること。

Pixia ソフトにて、切り抜きや 合成貼り合わせについては、
次回 説明ページをさくせいして 表示致します。

http://tankoukai.xsrv.jp/HP/kani/toumei.png

http://tankoukai.xsrv.jp/HP/kani/Back-toumei.png


[55] 写真を縮尺すると ボヤケテくる 投稿者:59回B組WEB委員 投稿日:2017/10/03(Tue) 21:09   [返信]
 『" 写真を縮尺すると だんだん ボヤケテきます "』

写真を パソコンで見る時には 800ピクセル x 600ピクセル
位の 画素数のサイズで 表示されて見ます。

画面の容量は 500KB 以下の表示になりますが、誰もが 写真1枚を
2000KB(2MB)ほどの 鮮明度で 写真撮影します。
当然ながら ボヤケテ見えます。
縮尺するときに 周りの各画素部分の 赤・青・緑 の 数値(強さ)を どの様に
計算して 最適な RGBの数値を 求めるかを 考えると、様々な 経験と
計算方法が 必要になります。
単純な計算方法では ボケて来ます。
これを 回避する為には イラストレーターや フォトショップなどの
専門業者も使用している 画像処理ソフトを 適正な手順で 加工編集するか、
「縮小専用」などの 無料ソフトを 使用して、妥当な 縮尺条件で 縮尺するか
いずれかの方法を 用います。

Internet-Explorer で表示される画像をみると、画面サイズによって、
ハッキリ見えたり、縞模様がかかって、ぼやけたり、様々です。

参考添付の写真表示では、オリジナルの 5MBの写真が ハッキリみえますが、
167KBの 縮尺写真でも 可なり ハッキリ見えるものも あります。
これが 適正な 縮尺設定なものです。
オリジナル写真の 縦・横の 画素数の 2の指数乗の 表示サイズを指定すれば
鮮明さが 維持されますので、表示画面のサイズは 極めて 重要です。

淡交会の WEBサイトに掲載する際の 写真を 縮尺して 送って来られますが、
オリジナルの画像に対して ボヤケテいます。
これを 不適切な 画像表示サイズで 表示しますと、更に ボヤケテきます。
但し、オリジナル・サイズに拡大された画像は 当然ながら、送って頂いた
画像を 約800ピクセル幅に 縮尺された画像ですので、
写真撮影された 画像より 若干ボケが 感じられることが
在るかと 思います。

http://ryougoku.xsrv.jp/HP/kani/Resized/index.html


[54] 無題 投稿者:59回B組WEB委員 投稿日:2017/09/12(Tue) 19:28   [返信]
『" 古い貴重な資料の 保管方法の難しさ "』

淡交会資料室委員会の中で 保管されている様々な書籍
資料の中には 文学者や教育関係者が あこがれるほどの
貴重な資料が数多く保管されています。

教育者でもない限り、明治・大正・昭和初期の 学生達の
記述に 興味を抱かれる方々は 極めて 少ないと思います。

でも その中に 大変に 貴重な側面と価値を 見出している
方々も 居られることも事実です。

この貴重な資料も 古い 黄ばんで 文字も霞んで、
裏写りが出やすい 薄い紙質です。

印刷物は 学校の金庫の中に在るでしょうが、同窓会と
しても 綺麗な複写物を デジタル画像として保管する
事が 求められています。

この作業が 難しく、黄ばみが 汚れとして 一面に
出て来ます。
でも デジタル画像として 保管せざるを得ません。
後任の方々に その後の 清書や 画像修正の作業を
お願いすることに成ります。

例えば 明治時代からの 學友会雑誌の 保管資料は
約4000頁にも 達しそうな 膨大な量です。
単純なコピー方法でも 1000時間以上も 掛かります。
コピーされた紙面の文字を 見易く修正して行きますと、
数千時間も 掛かりそうです。

因みに、最初の1頁目を 修正した時間は 3時間ほど
掛かりました。  状態の良いコピー誌面でも、
多分 30分/頁 掛かるだろうと 予想されます。

  http://ryougoku.xsrv.jp/HP/index-0.html

http://ryougoku.xsrv.jp/HP/index-0.html


[52] 火災などからの 減災の 努力が必要で 投稿者:59回B組WEB委員 投稿日:2017/08/30(Wed) 14:56   [返信]
この掲示板に 投稿して頂いた方々には 感謝申しあげます。
ご自分で 後ほど 削除する事も可能ですので、お気楽に
ご投稿頂けると 有り難く思います。

インターネットなどの情報発信に関連する方々は 8名ほど
いらっしゃいますが 掲示板ではんなく、FACEBOOK
のほうで 活躍して居られます。

この掲示板の存在価値が 極めて 少なく感じられて 寂しい
おもいです。

そこで、淡交会事務局の方々の 意向を超えて、過去の
貴重な 情報を ご紹介したく思います。
資料室委員会の方々と相談して、別途 表示します。


 創立70周年記念誌 本文の紹介 アドレスを削除
   
 創立80周年記念誌 本文の紹介 アドレスを削除

 創立90周年記念誌 本文の紹介 アドレスを削除

創立100周年記念誌 本文の紹介 アドレスを削除

創立110周年記念誌 本文の紹介 アドレスを削除
   

順次、昔の 貴重な資料を 永年保管できるように 工夫して
参ります。

http://tankoukai.xsrv.jp/kaihou/00-gou/001.jpg


[51] 文字の薄いコピー誌面を より 鮮明に 投稿者:59回B組WEB委員 投稿日:2017/07/08(Sat) 10:42   [返信]
淡交会の会報 01号 から 40号 の 古い会報を 公開ホームページの
中で 表示していますが、01号から 30号 までは 既に 初版印刷の
鮮明な資料は 淡交会事務局には ありません。

初版印刷の 会報を お借りして 精密スキャナーにて コピーを撮る事は
可能でしょうが、30号までの 資料は 提供頂けないと 思われます。

紙質が 薄くて、裏写りする 印刷物から、約30年ほど前に コピーして
復刻版を作成された ご努力に 深く 感謝したいと思います。
裏面の灰色の 部分が 見えないようにする為に コピーされた紙面が
薄く、文字の部分も 細いので、可なり 読み難い状態で 復刻版の資料は
印刷されています。

この文字が細くて 薄い文字を 太く・濃い黒で 表示する方法を 時々
調べていました。
今回 この方法が 分かりました。 可なり 読み易くなるのが 分かります。

関東大震災、先の大戦時の 焼土作戦にて 下町は 全て焼土と化し、
淡交会事務局には 古い大事な資料が 充分に残っていません。
これから 被災するであろう、首都直下型地震の際には、現在の 大事な
紙資料が 類焼して 消失しまう事は 充分に 想定されます。

これを回避する為に 会報や 学友会誌を 早く 鮮明な状態にてコピーして
保管することが 求められています。
これが 素人の 会員がコピーして 鮮明に 保管することが 可能となりました。

今、現在 公開されている 会報の 01号から 30号までの 紙面も
太く 濃い黒の文字にして 読み易くした紙面に 順次 置き換えて 行きます。
参考に文字を太く変換した 紙面を 見て下さい。

尚、会報の 40号から 現在の 78号までの 紙面は 資料室委員会の方々と
相談して 順次 表示して行く事を 検討して参ります。

http://tankoukai.xsrv.jp/kaihou/00-gou/001.jpg

http://tankoukai.xsrv.jp/kaihou/00-gou/001.jpg


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
記事No 削除キー
ご自分の投稿文 を削除したい場合は記事NOと投稿時に設定した削除キーを入力してください。

- LightBoard -